04-2934-3151

コスト削減の実例紹介

廃棄物ゼロと搬入作業の簡素化【実例1】

改善結果の実績表(折りたたみ仕切と折りたたみ容器を導入されたN社様の事例)

  改善前 改善後
概要図 改善前 改善後
輸送形態 ワンウェイ リターナブル
段ボール+緩衝材 折りたたみ仕切+折りたたみ容器
  包装資材費 輸送コスト 合計 包装資材費 輸送コスト 合計
出荷 回収 出荷 回収
イニシャルコスト 0 - - - 240,000*1 - - -
ランニング
コスト
費用
(1ケースあたり)
220 500 0 720 0 500 100*2 600
1回の出荷費用
(10ケース/日)
2,200 5,000 0 7,200 0 5,000 1,000 6,000
月間出荷費用
(稼働20日)
44,000 100,000 0 144,000 0 100,000 20,000 120,000

*1 通い箱は出荷後、5日後に折りたたんで回収。そのため、10ケース/日×5日分、50ケースを240,000で購入。
*2 回収時の容積が出荷時の1/5となり、回収時運賃も1/5となる。
*数値はモデル値です。

経費の推移

    初期費用 月間費用 1月目 半年後 1年後*3 2年後 3年後 4年後
改善前 ワンウェイ 0 144,000 144,000 864,000 1,728,000 3,456,000 5,184,000 6,912,000
改善後 リターナブル 240,000 120,000 360,000 960,000 1,680,000 3,120,000 4,560,000 6,000,000

*3 1年後には初期費用を回収。以降は仕切の寿命まで包装資材費はゼロ。
*数値はモデル値です。

お客様の声

機器を投入するたびに出るゴミと、それを回収する費用が悩みでした。FLシリーズを採用してからは廃棄費用がゼロ。段ボールなどを回収する手間がなくなり搬入時間の短縮もできました。そして、仕切も容器も耐久性があるので、繰り返し長く使う事で初期費用が回収できました。

収納効率のアップと物流コスト削減を同時に【実例2】

改善結果の実績表(FLシリーズ導入実績資料、提供:ヤマハ発動機株式会社様)

  改善前 改善後
概要図 改善前 改善後
寸法 台車他 700×1400×1500 1100×1300×1050
折畳みバケット   530×360×290
容器他内   10個/バケット
数量 台車他内 200個/台車 18バケット/パレット
トラック内 18台/車 28パレット/トラック
3600個/トラック 5040個/トラック
空容器 実入りと変わらず 実入り1/2になる
輸送コスト 実入り 100% 71%
空容器 100% 36%
  100% 53%

納入時の改善

従来は台車に収容して納入していたのを、折畳み式プラスチックコンテナとFLシリーズと組合せ、更に新しく開発したパレットに収容して段積み輸送することにしました。

返却時の改善

FLシリーズは折畳み、オリタタミコンテナに収容して返却します。

返却時の改善

プラスチックコンテナには折畳んだFLシリーズが約30枚収容できるので、返却時の容積は、従来の1/30になりました。

お客様の声

台車での搬送波空間効率が悪く、折りたたみもできないのが悩みでした。FLシリーズの導入によりトラックあたりの部品出荷数が1.4倍になり、折りたたんで回収できるので物流コストは半分程度まで圧縮できました。

IP-BOXについて詳しく聞きたいという企業様。お気軽にお問い合わせください。